2014年11月25日

乾燥肌のスキンケア


肌が乾燥しがちでカサカサだと悩んでいる方がとても多いそうです。
それでは、乾燥肌の方は、どのようなスキンケアに努めればいいのでしょうか。



 乾燥しやすい肌質の方は、肌の水分を補うようなスキンケアのやり方を心がけなければなりません。肌はケアの仕方ひとつでみずみずしいお肌になるのです。


例えば、顔を洗う時には、水で洗うのではなくぬるま湯を使って、肌の油分を取り除きすぎないようにで洗顔します。寝る前につけたクリームや寝ている間に分泌した皮脂によって、朝は化粧水が入りにくいということはよくあることです。なので、ぬるま湯で洗顔した後でも、肌に何かついている感痔かある場合には、刺激の少ない洗顔料を使って、軽く洗顔するようにしてください。そうすれば、違和感が無くなるはずです。



 化粧品を長くつけたままの状態は肌に良くありません。肌への負担が大きくなるだけですから、家に帰ったらすぐにクレンジングするようにしてください。クレンジング剤そのものが肌に負担がかかるので、できるだけ短時間で終わらせてくださいね。



 顔についた水分を取る時は、タオルを顔に押し当てるだけにしてください。けっして擦らないようにすることがポイントです。こすらず水分だけを取ってやります。


洗顔が終わったら、肌を乾燥させないように、すぐに化粧水をつけます。肌に十分な水分を与えてあげましょう。肌の保湿性を高めるために、水分保湿能力の高いヒアルロン酸、ビタミンC誘導体やセラミドなどを含んだものを使うと良いでしょう。


さらに、目元や口元などにはクリームをつけてオイルを補給してやります。たまには、保湿美容液を含むパックケアをしてやると、肌の状態が良くなるので、やってみてください。


posted by lar at 17:21| 化粧品の基礎知識